リバネスユニバーシティー

リバネスユニバーシティー
知識を学ぶ → 知識をブリッジする → 知識を製造する

リバネスはユニバーシティーを始めます。

世界の課題を解決する知識を学ぶこと。その知識を社会にブリッジする方法を身につけること。そして知識の組み合わせによって、新たな知識を製造すること。リバネスユニバーシティーは、知識で世界を変えていく人のための参加型プロジェクトです。学生、社会人、ベンチャー、大企業。現在の所属や業種や規模にかかわらず、ここでは誰もが学ぶ者であり、誰もが課題解決を目指す研究者です。共に世界を変えていく仲間との出会いを、私たちは心から楽しみにしています。

リバネスユニバーシティーとは

NEWS

ニュース

ニュース一覧

CURRICULUM

カリキュラム

マイクロサーティフィケーション制

マイクロサーティフィケーション制

リバネスユニバーシティーは、1講座単位での受講が可能なマイクロサーティフィケーション制です。就学期間や必修科目の設定はなく、講座ごとにリバネスが修了認定を行います。学ぶ目的や興味関心に合わせて、ご自身のタイミングで取り組むことができる形です。

SBL

基礎講座

リバネスユニバーシティーのメインカリキュラムである基礎講座では、これからの時代の課題解決に必要なスキルや思考力を、座学と実践の組み合わせで学びます。例えば先端科学と社会との「橋渡し」によって社会課題を解決するサイエンスブリッジコミュニケーションを身につけるSBL育成講座や、地球規模の課題をテクノロジーの組み合わせで解決する思考を学ぶディープテック講座など、新たな知識を生み出すためのさまざまなプログラムを提供します。複数講座の受講も可能です。

基礎講座一覧

Seminar

ゼミ・特別講座

受講生は、リバネスユニバーシティーのプロフェッサーによるゼミや特別講座に自由に参加することができます(ゼミはメンバー選抜あり)。プロフェッサーが自らのディープイシューをテーマに開講するゼミでは、実践的なプロジェクトに少人数のチームで取り組み、知識製造の実行力を育成します。また、リアルとオンラインのハイブリッド形式での特別講座を随時開講します。リバネスが世界中で構築してきた知識プラットフォームを活用し、「あらゆる知識にアクセスできる」を実現するのがリバネスユニバーシティーのゼミと特別講座です。

SCHEDULE

2021年度スケジュール

2021年度スケジュール

基礎講座(毎週日曜日に開講)

各講座の標準的なスケジュールは週1回(75分×3時限)、期間は1カ月です。各時限は講義45分+質疑15分+レポート15分の構成で、時限ごとに15分休憩をはさむ形となります。なお、2021年度は基本的にすべての講座をオンラインで行います。

特別講座(随時開講)

特別講座は、年間を通じて随時開講されるほか、夏期(8月)と冬期(1月)に集中的に行われるスケジュールとなっています。受講生は全ての特別講座に参加可能です。リアルとオンラインのハイブリッドによって、場所の制約を受けずに世界中から最先端の知識を学ぶことができます。

活動発表の機会

活動の成果発表やフィードバックを得る機会として、以下の3つの場を活用します。

キャリアディスカバリーフォーラム(CDF)(11月@東京、2月@大阪)企業ブースに参加し、自身のやりたいことや社会に貢献したいこと等を伝えるトレーニングを行えます。

サイエンスキャッスル(SC)(12月@関東/関西) 中高生の研究発表についてアドバイスを行う研究アドバイザーや中高生向けセミナー等の企画運営を行えます。

超異分野学会(HIC)(3月@東京)1年間の活動の最終成果発表として、ポスター発表や口頭発表を行います(卒業要件として必須)

PROFESSORS

プロフェッサー

プロフェッサー一覧

APPLICATION REQUIREMENTS

募集要項

学生

対象:大学院生およびポスドク(学部生は応相談)。入学の可否は事前面談によって決定します

講義の拠点:東京地区/リバネス東京本社(飯田橋)、センターオブガレージ(墨田区) 大阪地区/リバネス大阪本社(港区)

期間:3カ月〜1年(受講する講座や選択科目によって異なります)

開講日:毎週日曜日に開講。ゼミや特別講義などで随時プラスαあり

費用:無料

申込受付中の講座:【9月開講】ディープイシュー講座/【10月開講】ディープテック講座

社会人

対象:サイエンス・テクノロジー系の企業勤務者など

講義の拠点:東京地区/リバネス東京本社(飯田橋)、センターオブガレージ(墨田区) 大阪地区/リバネス大阪本社(港区)

期間:3カ月〜1年(受講する講座や選択科目によって異なります)

開講日:毎週日曜日に開講。ゼミや特別講義などで随時プラスαあり

費用:1講座につき300,000円・税別(モデルプランは3講座受講 900,000円・税別)

申込受付中の講座:【9月開講】ディープイシュー講座/【10月開講】ディープテック講座

PROGRAM

企業・大学向け人材育成プログラム

リバネスユニバーシティーのプログラムを企業の人材育成や大学のアントレプレナー教育として導入できるように、個別アレンジとサポート体制を含むパッケージとして提供します。これまでにリバネスが企業・大学・地域を対象に実施してきた人材育成プログラムの詳しい内容については、下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ

ORGANIZATION CHART

組織体制

組織体制

リバネスユニバーシティーの組織は、アカデミアと産業界の双方を熟知しているメンバーによって構成されています。2つの領域をブリッジすることで多くの課題を解決してきたメンバーが、これからの世界を知識で変えていくみなさんを全面的にバックアップします。

BOARD MEMBER

ボードメンバー

FACILITY

施設

リバネス大阪本社
リバネス大阪本社
センターオブガレージ(COG)
センターオブガレージ(COG)
センターオブガレージ(COG)
センターオブガレージ(COG)
リバネス東京本社
リバネス東京本社

FAQ

よくある質問

  • 受講にあたって研究分野は問われないのでしょうか。

    どんな分野の方でも大丈夫です。ぜひご自分の研究分野や取り組んでいるプロジェクトに関する最前線の話を紹介してください。また、ご自分の専門を活かした新企画の実現もサポートします。

  • SBL育成講座の実地研修ではどんなことができますか。

    実験教室やライティングなどの科学教育活動を通して、コミュニケーションスキルやプレゼンテーションスキル、マネジメントスキル、リーダーシップなどを身につけ、科学技術の知識によって社会で活躍できる人材になるためのプログラムを用意しています。ただし、リバネスユニバーシティーが用意するのは学びのチャンスだけ。それをどういう形で活用するかは、受講者に任されています。また、新企画の立ち上げやイベントプロデュース、公募事業への申請など、一人一人のアイデアを形にしていくことで、創造力や実行力を身につけることも可能です。

  • 平日に活動することもありますか。

    基本的に日曜日のみのスケジュールです。実地研修での実験教室やイベントの開催当日、ゼミでのプラスαの活動などが平日に行われる場合もありますが、参加は任意です。

  • 学業や仕事との両立は可能ですか。

    可能です。SBLの実地研修やゼミについても基本的には日曜日の開講で、プロジェクト運営についても平日の活動はチャットツールをベースに進めます。また、学業や仕事と両立するためのタイムマネジメントのスキルを身につけることもカリキュラムの一環と捉えていただければと思います。

CONTACTお問い合わせ学生・社会人の申込希望や人材育成プログラムの詳細など、各種お問い合わせはこちらから。

リバネスユニバーシティーは、学校教育法上で認められた正規の大学ではありません。
地球貢献型人材を育成する参加型プロジェクトです。

募集要項を見る