リバネスユニバーシティーNEWS「知識」の集積で生まれるディープテックには、知財戦略だけでなく「知識戦略」が必要だ(講座開講2021年10月〜)

2021.10.07

「知識」の集積で生まれるディープテックには、知財戦略だけでなく「知識戦略」が必要だ(講座開講2021年10月〜)

リバネスユニバーシティーでは、複雑で多様な課題を発掘し、解決のために持続可能なシステムをデザインできる「地球貢献型リーダー」に必要な力を鍛えます。職業、立場、年齢を問わず参加し、多様な専門性を持ち寄り、互いが学び合うことのできる場です。

知識戦略と知財戦略

ディープテックには試行錯誤しながら知識を集積していくという過程が不可欠です。従来は知財戦略が重視され、知識戦略という考え方自体が存在していませんでした。しかし、ディープテック構築においては、制約のない自由な状態で知識を組み合わせ、やがてコアになる知識が顕在化してきた時に、知財として使える武器に変えていく戦略が重要になります。

2021年10月から開講するディープテック講座、第5回は、株式会社NEST iPLAB代表取締役の影山 剛士氏が登壇します。

影山氏は、社会課題を解決するために新たな産業を生み出すスタートアップを支援する知財専門組織として、特許業務法人iPLAB Startupsを立ち上げ、スタートアップに特化して、知的財産戦略の立案、実行する活動を続けてきました。

本講座では、影山氏がサポートしたベンチャー企業との具体事例を基に、課題解決を目指すチームに必要な知識戦略と知財戦略について考えを深めます。

本講座は、全6回のオンライン参加型で、講師によるインプットに加え、グループワークや実践的なアウトプット課題が設定されています。専門的なスキル習得ではなく、イントラプレナー、アントレプレナーが普遍的に応用可能なマインド・思考・価値観の変化を成果目標としている点が特徴です。

全講義の受講者には、地球貢献型リーダーの考え方やマインドの基礎を体得した証として、マイクロサーティフィケーションを発行し、ご自身のキャリア形成にも活用いただけます。

現在、受講生を募集しておりますので、奮ってご参加ください。

申込み・詳細:https://univ.lne.st/news/luniv-6/

+++++++++++++++++++++++++++++++

リバネスユニバーシティー 「ディープテック講座」
実施期間:10月31日(日)、11月7日(日)、14日(日)、21日(日)、28日(日)
実施時間:13:00-16:00
実施形態:オンライン受講(一部事前・事後課題あり)
受講料:330,000円(税込)
定員:20名
詳細:https://univ.lne.st/news/luniv-6/

申込方法:講座開始前日までに、以下のリバネス ID よりご登録、お支払いください。
リバネスIDエントリーフォーム
※事前にリバネスIDのアカウント作成ならびにログインが必要です

こんな方におすすめです
・既存事業の延長ではない、新規事業創出に関わる方
・イノベーティブな研究テーマ創出を目指す研究所の幹部候補者
・主体的な新規テーマ提案を期待される中堅社員の方
・課題解決型ベンチャーの発掘、育成に関わる方

参加者が得られること
・知財ではなく知識創造思考へのシフトができる
・飛び地領域で自社のアセットを活かしたソリューション提案に必要な視点を学べ
・自社の領域外の専門知識・専門家の発掘方法がわかる

第3回 ゲストスピーカー
株式会社NEST iPLAB
代表取締役
影山 剛士氏

University of London, Queen Mary College, MSc Management of Intellectual Property 修了。2001年より10年間、日立製作所にて知的財産業務に従事。その間、米国に出向し、米国グループ会社及び研究所の出願・権利化業務を始め、現地知財業務全般を担当。帰任後、日立グループの知財/ 標準化戦略に従事。2011年、株式会社ディー・エヌ・エーにて知財組織の立ち上げ、知財戦略の策定・実行を担う。2014年、米系企業にてライセンス事業に従事。2018年、iPLAB Startups を共同創業。One ip 特許業務法人パートナー。

この記事をシェアする